1 砂漠のマスカレード ★

 2月19日、スコットランドで裁判が開かれた。その内容と予想外の展開が、メディアの大きな注目を集めている。

 2019年8月1日、首都エディンバラで道を歩いていたジェームス・マッケンジーさんは、向こうからやってきた女性と体がぶつかってしまう。2人は、初対面にもかかわらず、激しい口論になった。

 ひとしきり言い合いが続いた後、女性はその場から立ち去ろうとするが、怒りがおさまらないマッケンジーさんは握りこぶしを作って女性に詰め寄る。驚いた女性はここで突拍子もない行動に出た。

 その様子について、法廷ではこう説明されている。
「女性はマッケンジーさんに思いっきり抱きついて、唇にキスするように顔を近づけ、そのまま舌を噛みちぎった」

 驚いたマッケンジーさんは、あわてて自分の口から舌を吐き出したが、悲劇は終わらない。たまたま近くを飛んでいた1匹のカモメがやってきて、肉片をくわえたまま飛び去ってしまったのだ。

 自分の舌を拾おうとしたマッケンジーさんも、呆然としてカモメを見送るしかなかったという。

 噛みちぎられた舌は2cmから3cmほど。出血がひどかったため、そのまま病院に直行したが、検察官は「(カモメに食べられてしまったため)舌はもう取り戻せません。彼自身も舌の接合手術はあきらめているようです」と語った。

 舌を噛みちぎった女性は罪を認めているが、裁判長は事件の内容が特異すぎるとして、判決の言い渡しを引き伸ばしたと報道されている。

 ちょっとした言い争いで舌を噛みちぎられ、さらにカモメにつまみ喰いされてしまうとは、マッケンジーさんも踏んだり蹴ったりだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/19741623/
2021年2月23日 11時0分
Smart FLASH


(出典 Youtube)

もめが翔んだ日


(出典 i.imgur.com)