この暇ニュース速報(VIP)

暇つぶしに、気になるニュースなどのブログです。

    2022年08月



    1 鉄チーズ烏 ★ :[ここ壊れてます] .net
    2022.08.09 Tue posted at 12:55 JST
    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35191644.html


    (CNN) 米女優アン・ヘッシュさん(53)の運転する車が5日に米カリフォルニア州ロサンゼルスで住宅に突っ込む事故を起こし、ヘッシュさんが重体になっている。広報担当者が8日、CNNに寄せた声明で明らかにした。

    当初、ヘッシュさんの容体は安定していると伝えらたが、この情報は誤りだったと広報担当者は説明。ヘッシュさんはこの事故で昏睡(こんすい)に陥り、重篤な状態が続いているとした。肺は重い損傷を負って人工呼吸が必要な状態にあり、手術を必要とするやけども負っているという。

    ロサンゼルス市警によると、ヘッシュさんは酒気帯び運転やひき逃げの疑いで捜査対象となっている。

    捜査当局は事故当日の血液検査を求める令状を取得。検査結果はまだ出ていないという。

    ヘッシュさんの広報担当者は、けがのためにまだ捜査に応じられる状態ではないと話している。

    一方、ヘッシュさんの車が突っ込んで破壊された住宅に住む女性は、当時家の中にいたが、かろうじて負傷を免れたと友人たちは話している。

    2/2ページ
    ヘッシュさんはこの事故で昏睡に陥り、重篤な状態が続いているという/Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic/Getty Images
    ヘッシュさんの車が突っ込んだリン・ミシェルさんの家は、火災が発生して焼失した。近所の住民がミシェルさんの生活再建を支援するため、クラウドファンディングサイトの「ゴーファンドミー」を通じて寄付を募っている。

    「リンが美しい子犬のブリーとルーバン、そして亀のマーリーと一緒に住んでいたマールビスタの家は今週、車が猛スピードで突っ込み、火災が発生して破壊された」「リンと家族はかろうじて身体的なけがはせずに済んだ。そのことには心から感謝している。しかし家は完全に焼け落ちた」。ゴーファンドミーのページにはそう記されている。「消防士の助けを借りて、傷ついた思い入れのある所持品を幾つか残骸の中から拾い出すことはできた。それ以外は全てが失われた」

    別の住民の男性はCNN提携局のKCAL/KCBSに対し、ヘッシュさんの車はミシェルさんが座っていた場所から約60センチの距離で止まったと証言。ミシェルさんはショック状態にあるといい、「ひかれはしなかったが、家には何も残っていない。何もかも滅茶滅茶にされた」と話している。

    【米俳優アン・ヘッシュさん死去 交通事故】の続きを読む



    1 愛の戦士 ★ :2022/08/09(火) 17:21:21.92 ID:Vrf8dQhb9.net
    読売新聞 8/9(火) 17:01

     世界的に活躍したファッションデザイナーで文化勲章受章者の三宅一生(みやけ・いっせい、本名かずなる)さんが5日にがんで亡くなっていたことが分かった。84歳だった。

     広島県生まれ。多摩美術大学を卒業後、渡仏し、伝統的なオートクチュール(高級注文服)の技術やデザインを学んだ。その後、ニューヨークでも修業を積んだ。1970年に三宅デザイン事務所を設立し、翌年にブランド「イッセイミヤケ」をスタート。73年にパリコレクションに初めて参加した。

     「1枚の布」という和服などの伝統から発想した服作りで注目を集めた。代表作の「プリーツプリーズ」は、細かいひだ飾りが全面に施されている洗練されたデザイン。現在も世界中で支持されている。洋服の既成概念を打ち破る斬新な作品は高く評価され、世界各地の美術館に収蔵されているほか、展覧会も開催されてきた。

    何層にも折りたたまれた布の端を持ち上げると服になる新作を説明する三宅さん(東京ミッドタウンで。2010年11月15日撮影)
     99年10月に自身の名が付いたブランド「イッセイミヤケ」は、後進に引き継いだが、その後も精力的に活動を続けた。2007年に日本初のデザインミュージアム「21_21(トゥーワン・トゥーワン)デザインサイト」を開設し、ディレクターに就任。再生繊維を使った新しい服作りのデザインを手掛けるなど、「生涯現役」を貫いた。

     09年、核廃絶を訴えたオバマ米大統領の演説に感銘し、米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿。それまでほとんど語ることがなかった自らの被爆体験を明かし、大統領の広島訪問を呼び掛けた。10年に文化勲章、16年に、フランスのレジオン・ドヌール勲章のコマンドゥール(勲三等)を受章した。同年、東京・六本木の国立新美術館で大規模な個展を開いた。

     近年は表だった活動を控えていたが、新型コロナウイルスの感染拡大後も、傘下ブランドの新しいプロジェクトの動向を気に掛け、自宅からスタッフにアドバイスを送るなどしていた。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/c28c019ecac5375390f25ddc44286807e6cd7df1&preview=auto
    インタビューに答えるデザイナーの三宅一生さん(東京都渋谷区で。2015年12月1日撮影)

    (出典 i.imgur.com)

    【三宅一生さん死去 ファッションデザイナー、84歳】の続きを読む

    このページのトップヘ