この暇ニュース速報(VIP)

暇つぶしに、気になるニュースなどのブログです。

    2021年02月



    1 きつねうどん ★

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2021/02/iSto*-1007342652-thumb-554xauto-238316.jpg
    冬のアラスカでトイレに潜り込んでいたのは*ベアー(アメリカクロクマ)とみられている 

    <便器のなかにクマが潜んでいた、という珍しい事件はどうして起こったのか>

    アラスカ州で屋外トイレを使用しようとした女性が*ベアー(アメリカクロクマ)に「下から」尻を襲わる珍しい事件があった。

    被害にあったシャノン・スティーブンスは、アラスカ州ヘインズの住人で、週末に兄たちと一緒にチルカト湖を訪れていた。3人は都会から遠く離れた辺境の旅を楽しみ、円形テントに泊まっていた。

    その日、屋外トイレに入ったシャノンは便座に座った瞬間、何者かの強い気配を感じ、「飛び上がって叫んだ」とアラスカの首都ジュノーのラジオ局KTOOに語った。

    助けを求める声を聞いた兄のエリックは、ヘッドランプをつけて駆けつけた。トイレのフタを開けて見たところ、便座のすぐ下に「巨大なクマの顔」があり、目がまっすぐ自分を見つめ返していた、という。

    シャノンは出血していて、血を止めるために包帯が必要だったが、重傷ではなかった。「ただの刺し傷のような感じだった。噛まれたわけではないと思う。爪でひっかいただけかもしれない。本当のところは、もうわからない」と、彼女はKTOOに話した。

    その日の昼間、3人は凍った湖でスノーマシンを使用し、屋外の焚火台で肉を調理した。エリックはそれがクマを引き付けた可能性があると考えている。冬はクマはたいてい冬眠しているので油断していたという。

    トイレの臭いがクマを引き寄せる

    クマはどうやってトイレの下に入り込んだのか。地元の報道によれば、トイレは木の根の束の上に作られているため床が地面より高く、クマが潜り込むことも可能だったという。

    クマは翌日にはいなくなっていた。だが屋外トイレに来たときの足跡があり、焚火台も倒されていた。

    足跡の写真を分析したアラスカ州魚類鳥獣部の生物学者カール・コッホは、*ベアーの仕業だと思う、と語った。

    「こんな目にあったのは、スティーブンスさんが初めてかもしれない」と、コッホは言う。「屋外トイレに座った途端、(下からクマに襲われるとは)実に珍しい」

    クマは、臭いで屋外トイレに引き寄せられることがある。そして冬の間の活動はあまり活発ではないが、完全に姿を消すわけではない、とコッホはKTOOに話した。

    つい最近も、ヘインズに近い山で友人とバックカントリー・スキー中にクマに襲われた男性が、ヘリコプターで病院に搬送されるという事件があった。沿岸警備隊によれば、男性はクマの攻撃で、頭と手に負傷した。

    事件を振り返ったシャノン・スティーブンスは、今でも怪我よりもショックのほうが大きいと言う。そして「次に屋外トイレを使うときは、便器の中をまず確認する」と語った。

    https://twitter.com/KTOOpubmedia/status/1362245137359896576?s=20

    ジェーソン・マードック

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/02/post-95684.php
    (deleted an unsolicited ad)


    【屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ】の続きを読む



    1 動物園φ ★

    韓国グループB.A.Pのヒムチャン 強制わいせつで在宅起訴 

    【ソウル聯合ニュース】韓国の男性グループB.A.P(ビーエーピー)のメンバー、ヒムチャン(本名キム・ヒムチャン、29)が強制わいせつの罪で在宅起訴されていたことが25日までに分かった。

     検察などによると、キム被告は昨年7月24日、ソウル郊外の京畿道南揚州市のペンションで20代の女性に対して強制的にわいせつ行為をした。

     当時ペンションには同被告を含め男性3人と女性3人がおり、酒を飲んでいたという。女性の通報により警察官が現場に出動した。

     警察の調査で女性は強制わいせつに遭ったと主張したが、ヒムチャン被告は互いに好意を持っていたとして容疑を否認した。 

     検察は参考人の供述などを基に捜査した結果、強制わいせつがあったとみて今年4月にキム被告を在宅起訴した。裁判は来月12日に始まる。

     B.A.Pは2012年1月に6人組でデビュー。昨年8月にリーダーのバン・ヨングクが、同年12月にZELOが専属契約満了に伴いグループを脱退した。キム被告など残りのメンバーの契約も今年2月に満了しており、グループは事実上、解散した状態となっている。 

    聯合ニュース

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/25/2019062580001.html


    【元B.A.Pヒムチャン、強制わいせつで懲役10カ月】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★


    (出典 img.5ch.net)

    2/24(水) 15:24
    デイリースポーツ

    木村師19日に書類送検されていた 競馬パワハラ裁判
    木村哲也調教師
     大塚海渡騎手(20)=美浦・フリー=が、かつて所属していた厩舎の木村哲也調教師(48)=美浦=を相手に起こしたパワハラ等による損害賠償請求訴訟で24日、弁論準備手続きが水戸地裁土浦支部で行われた。原告側は鈴木和憲弁護士らが来場し、今月19日に木村師が書類送検されたことを明かした。

     木村師側の代理人とは電話でやりとりしたといい、鈴木弁護士は「被告側が前回提出した答弁書に対し、15個の証拠を提出して再反論致しました。被告は技術を向上させるために手を上げたこともあったとの話でしたが、(騎乗中の)ビデオ映像、競馬学校時代の成績表などで技術的に未熟ではないと、証拠として提出しました」と説明した。次回は4月9日に行われる。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/094f008e6f07865c24520524a7cf2f78b1f99b2f


    【【競馬】木村師19日に書類送検されていた 競馬パワハラ裁判】の続きを読む



    1 ひかり ★

    昨年6月から不倫問題で活動自粛中のお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(48)が、東京・豊洲市場の仲卸業者で働いていることが22日、明らかになった。

    仲卸業者の関係者が、この日、日刊スポーツの取材に対して「働いています」と認めた。詳細については「他のお店のこともあるので、迷惑がかかるのでいけないから話せません。分かってください」と話した。

    渡部は昨年12月に不倫の謝罪会見を開いたが、かえって批判が集まり、復帰の見通しは立っていない。今年に入ってから、知り合いの仲卸業者で深夜に働いているという。

    仲卸業者の関係者は「あれだけ華やかな世界にいた男が、50歳に近くなって夜中に市場で一生懸命に働いている。腹をくくってなきゃできない。見守ってやってください」と話している。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/50d64aca4a704de31fb4d0371e885350765e692a


    【【芸能】渡部建、豊洲市場の仲卸業者で労働 関係者認める】の続きを読む



    1 ブギー ★

    東京・港区のホテルの1室で、出会い系アプリで知り合った男性から現金などを奪った、中国人の男が逮捕された。

    無職の王玉林容疑者(40)は、1月、港区赤坂のホテルでタイ人の男性にカッターナイフのようなものを突きつけ、現金1万円などが入ったショルダーバッグを奪った疑いが持たれている。

    王容疑者は、出会い系アプリで知り合った男性とホテルで会う約束をして、部屋に入った直後に犯行に及んだという。

    https://www.fnn.jp/articles/-/148112


    【“出会い系”で知り合い現金奪ったか ホテルで“カッターナイフ”突きつけ 中国人の男が逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ